ビザンコム株式会社

HITO × CREATION

088-657-1010

見えるソフトウェア化についての考察

前のページへ戻ります
2015/02/11

私たちの会社は、いわゆるIT企業です。

徳島の小さなIT企業です。

しかし、脱IT企業について考えるところがあります。IT業とは一部の天才的な企業がとてつもないスピードで時代を変えていきます。しかも料金をとらず無料で既存のサービスを駆逐してゆきます。

 

IT革命といわれて久しいですが、やはりITとはInovation&Termination!? つまり、創造と破壊(終わらせる)が本質ではないでしょうか?

 

ITの進化により20年後には50%の職業がなくなると言われています

 

要はどんどん無料に近くなっていくということです、電気代と通信費用を負担すれば世界中の情報が一瞬のうちに繋がるということなんですよね、これって今までの利益(既得権益やノウハウ)が役に立たなくなるということと同じだと思います。

 

一昔、今でもそうかもしれませんが、仕事のノウハウは基本的には出さない。というのが一般的な考え方だと思いますが、時代はどんどん変わってきていると思います。自分が他の人から教えてもらったノウハウはどんどん社会に無料で還元してゆくべきだと思います。そういう時代だと心から思います。

 

その為には自分のノウハウを見えるソフトウェア化する必要があります。例えば文章や写真でほかの人に伝わりやすいように日頃から準備・行動してゆくということです。

 

自分でしか醸し出せない空気やノウハウ?は自分だけのものなのでいくら真似しようとしても、簡単に真似ができるわけありません。だから自分が編み出したノウハウをためる必要があると思うのです。

 

その第一歩は日々のノウハウや情報をいかに見える化するかだと思います。

 

弊社は今年一年「見えるソフトウェア化」に精進しますので、ぜひ皆様もトライください!

今年は一つ朝礼の独自ノウハウを作れました(笑

 

きっと楽しいと思います!

 

一歩

だいぶ前から言われていますが・・・
だいぶ前から言われていますが・・・
近藤嘉之のブログ  >> 
前のページへ戻ります